ニューヨーク、マンハッタンのセントラルパーク近くで建設中の超高層レジデンス「111 West 57th Street」は、地上435m(最高部)の高さを誇る世界一スレンダーな超高層ビルです。111 West 57th Streetの近くで建設が進む世界一高い超高層レジデンス、セントラル・パーク・タワーの高さにはおよびませんが、地上435mは超高層レジデンスとして世界二位の高さとなります。建物は既に上棟しており、セントラル・パーク・タワーと同じく2021年中にグランドオープンの予定です。

111 West 57th Streetの概要
名称111 West 57th Street
所在地111 West 57th Street, New York, NY 10019
規模地上91階、地下?階
高さ435m(最高部)
用途住居
延床面積53,173平方メートル
事業主JDS Development Group
設計者SHoP Architects
施工者WSP Global
着工2015年
完成2021年(予定)
マップ

上棟した111 West 57th Streetの外観です。非常にスレンダーなビルのため、セントラル・パーク・タワーよりも高さを感じます。

周辺には多くのスレンダービルがありますが、111 West 57th Streetの細さは際立っています。

違う角度から見ると、上に向かって弧を描くように細くなっています。建設用のクレーンの高さも半端なく高いです。

最後はセントラルパークから見たスレンダーな超高層ビル達です。

Source: 111 West 57th Street

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。