シカゴ交通局(Chicago Transit Authority: CTA)は、高架鉄道のシカゴ・L(Chicago ‘L’)で運行する老朽化した2600形車両の置き換え用として新形式7000形の導入を進めています。7000形の製造会社は入札方式で行われ、カナダのボンバルディアおよび中国中車(CRRC)の子会社であるCRRC Sifang Americaが最終選考に選ばれましたが、2016年9月に後者が約13億ドル(約1,300億円)で落札しました。7000形はオプション契約を含めると最大で846両導入される予定です。

7000形は2020年に試験用のプロトタイプ車両が納入されました。その後、各種試験が実施され2021年4月よりシカゴ・オヘア空港へ乗り入れるブルーラインから運行が開始されています。

エクステリア
Image: CRRC

こちらはCRRCのホームページで公開されている7000形のイメージです。先頭部分がブルーに塗装されているのとヘッドラインと周りのLEDライトが新型車両ということを感じさせてくれますが、基本的なイメージは既存車両と同じです。

Image: cta

実際に完成した車両です。

インテリア
Image: CRRC

車内のイメージです。こちらも既存車両と比べてそれほど大きな変化は感じられません。ただ、情報案内ディスプレイなどは設置されるようです。

Image: cta

実際に完成した車両です。良い意味でも悪い意味でもイメージどおりといったところでしょうか。車内の照明にはLED照明が採用され、天井に横長のLCDディスプレイが設置されています。

7000形(7000-series)車両の概要
運行者シカゴ交通局(Chicago Transit Authority, CTA)
製造者中国中車(CRRC Sifang America)
導入編成400両(オプション436両)
車両番号7001〜
定員
営業開始2021年
運行路線ブルー(Blue)、ブラウン(Brown)、オレンジ(Orange)
運行区間
設計最高速度113km/h(営業最高速度: 89km/h)
制御方式IGBT-VVVFインバータ制御(Siemens)

Source:CRRC, cta

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。