アメリカには日本では見ることができないダイナミックな大自然が多く存在します。グランドキャニオン、イエローストーン、ヨセミテ国立公園などは日本でも有名ですが、その他にも多くの国立公園が存在します。そんなアメリカの国立公園の中から、今回はテキサス州にあるビッグベンド国立公園(Big Bend National Park)を紹介します。

マップ

ビッグベンド国立公園の概要

ビッグベンド国立公園はテキサス州の南西部、メキシコとの国境付近に位置しています。北アメリカ最大の砂漠であるチワワ砂漠(Chihuahuan desert)にあるため、夏は気温が40度近くになる日が多く、観光のベストシーズンは秋から春にかけてとなります。なお、ビッグベンドの名前はコロラド州からメキシコ湾へと注ぐリオ・グランデ川(Rio Grande)がこの付近で大きくUターンすることに由来しています。アラスカ州にある国立公園を除くとアメリカで最大の面積を誇る国立公園ですが、国立公園から一番近い都市エルパソ(El Paso)からでも車で5時間以上かかるため、年間訪問者が少ない国立公園の一つでもあります。

ロスマックスウェル・シーニックドライブ

ビッグベンドのハイライトの一つ、マドラス・デル・カルメン山脈(Maderas del Carmen)にあるサンタエレナキャニオン(Santa Erena Canyon)です。全長48kmのロスマックスウェル・シーニックドライブ(Ross Maxwell Scenic Drive)を通ってキャニオンの入口付近まで行くことができます。

渓谷の左側の山はメキシコとなります。

渓谷にはアメリカとメキシコの国境線でもあるリオグランデが流れています。

変わっての渓谷の右側の山はアメリカとなります。

人気のサンタエレナキャニオントレイルの入り口です。

夏季は川が増水するため、渓谷の奥に行くには体半分くらい水に浸からないといけない箇所があるので注意が必要です。筆者はさすがに泥水に体半分浸かる準備は出来ていなかったので断念しました。。。苦笑

ロスマックスウェル・シーニックドライブの途中には、ラバ(雄ロバと雌ウマとの雑種)の耳に似ていることからミュールイアーズ岳(Mule Ears Peaks)とよばれる山を見ることができます。

ミュールイアーズ展望台(Mule Ears Overlook)はミュールイアーズ・トレイル(Mule Ears Trail)の起点となっており、たくさんのサボテンを見ることができます。

チソスベースン・ロード

ビッグベンドのもう一つの見どころ、チソス山脈(Chisos Mountains)です。砂漠地帯にあるベッグベンドですが、公園の中心にはチソス山脈が聳え立っており、最高峰エモリー岳(Emory Peak)は標高2,385メートルもあります。そのため、気候や生態系がガラッと変わります。車では約10kmのチソスベースン・ロード(Chisos Basin Road)を通って標高1,600メートルほどのところにあるチソス盆地(Chisos Basin)まで行くことができます。

チソス盆地にあるビジターセンター近くには公園内唯一の宿泊施設であるチソスマウンテンロッジ(Chisos Mountains Lodge)や舗装されたウィンドウビュー・トレイル(Window View Trail)もあります。

ウィンドウビュートレイルからは遠くに砂漠エリアが見えます。また、夕日の鑑賞スポットとしても人気です。

チソス山脈にはアメリカグマ(Black Bear)やヒョウ(Mountain Lion)なども生息しているため、ハイキングトレイルには注意書きが記されています。

チソス山脈の最高峰エモリー岳です。

パンサージャンクションからリオグランデヴィレッジまでの区間

パンサージャンクション(Panther Junction) からリオグランデヴィレッジ( Rio Grande Village)の34kmの区間も景観が素晴らしく、目の前に大きな壁のように立ちはだかるシエラ・デル・カルメン山脈(Sierra del Carmen)の絶景を見ることができます。リオグランデ展望台(Rio Grande Overlook)からはチワワ砂漠を見渡すことができます。

ボキージャスキャニオン展望台(Boquillas Canyon Overlook)からの眺めです。

リオグランデ側の向こう岸はメキシコです。

ちなみに対岸のメキシコ側にある小さな街、ボキージャス・デル・カルメン(Boquillas del Carmen)へボート(往復5ドル)で行くことができますが、パンデミックの影響で現在は閉鎖されており再開時期は未定です。

パシモンギャップからパンサージャンクションの区間

パシモンギャップ(Persimmon Gap)からパンサージャンクション(Panther Junction)のおよそ45kmの区間には、化石ディスカバリー展(Fossil Discovery Exhibit)とよばれる施設があります。ここでは、ビッグベンドの歴史や発掘された化石について学ぶことができます。ビッグベンドは多くの化石が発見されることで有名で、アメリカの国立公園の中で最も古く最大規模を誇ります。これまでに発見された化石は1,200種類以上にもおよび、最も古いもので一億二千年前のものもあるそうです。

およそ一億三年年前ごろビッグベンド一帯は浅い海だったそうです。そのため、発見される化石には海洋生物も多く含まれます。

およそ7,500万年前のロッキー山脈が形成されつつある時代、ビッグベンド周辺は海岸地帯になり、このような巨大なデイノスクス(Deinosuchus)と呼ばれるワニも棲息していたそうです。

5,500万年前ごろには火山活動が活発になり現在の地形が形成されていきます。

この地形も火山活動によって形成されました。

ケツァルコアトルス(Quetzalcoatlus)と呼ばれる史上最大級の翼竜の化石もビッグベンドで発見されました。

鉄道アクセス

ビッグベンド国立公園から車で1時間ほどのところにアルパイン(Alpine)駅があります。アルパイン駅には、ニューオーリンズからロサンゼルスを結ぶアムトラックの長距離列車「サンセット・リミテッド(Sunset Limited)号」が週3便停車します。

サンセットリミテッド号の運行ルート
Image: Amtrak

ロサンゼルス行のスケジュール

主要停車駅到着時刻発車時刻運行日
ニューオーリンズ
(New Orleans)
09:00月・水・土
ヒューストン
(Houston)
18:1818:55月・水・土
サンアントニオ
(San Antonio)
00:0502:45火・木・日
アルパイン
(Alpine)
10:3810:38火・木・日
エルパソ
(El Paso)
13:2213:47火・木・日
ツーソン
(Tucson)
18:4519:35火・木・日
ロサンゼルス
(Los Angeles)
05:35月・水・金
Source: Amtrak

ニューオーリンズ行のスケジュール

主要停車駅到着時刻発車時刻運行日
ロサンゼルス
(Los Angeles)
22:00水・金・日
ツーソン
(Tucson)
07:2808:15月・木・土
エルパソ
(El Paso)
15:1015:35月・木・土
アルパイン
(Alpine)
20:4520:45月・木・土
サンアントニオ
(San Antonio)
04:5006:25火・金・日
ヒューストン
(Houston)
11:1012:10火・金・日
ニューオーリンズ
(New Orleans)
21:40火・金・日
Source: Amtrak

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。