テキサス州の州都であるオースティン市は、近年ビックテックをはじめ多くのIT企業の進出ブームが続いている都市で、別名「シリコンヒルズ(Silicon Hills)」とも呼ばれています。米国国勢調査(US Census)によると、オースティン都市圏では2010年から2020年にかけて人口が34%も増加しました。これはアメリカの人口100万人以上の都市圏においてはダントツ一位の増加率となっており、2040年にはさらに倍増すると予想されています。そんな急成長が続くオースティンでは、ここ数年でスカイラインが劇的に変化しました。今回は、オースティンのスカイラインをフォトレポします。

マップ

高さ100m以上の高層ビル一覧(建設中および計画含む)

オースティンでは、2010年代前半までは100m以上の高層ビルは15棟しかありませんでしたが、2010年代後半に差し掛かったころから次々と高層ビルプロジェクトが始動しはじめ、2021年には高層ビルの数が倍以上に増えました。さらに、パンデミックの影響を受けた2020年においてもその勢いが衰えることはなく、今後5年以内に竣工予定または着工予定の高層ビルは合計22棟あり、今後もしばらくは高層ビルの建設ラッシュが続くとみられています。人口200万人規模の都市圏でこれだけの数の超高層ビルが建設または計画されているというのには驚きです。

名称高さ(m)完成年用途
198 Red River314計画中オフィス、ホテル、住宅
26 X Guadalupe2692022オフィス、住宅
34th & Brazos251計画中オフィス、住宅
480 Red River2452025ホテル、住宅
5BBVA Tower236計画中オフィス、住宅
6Block 16220計画中オフィス
7The Republic216計画中オフィス
8The Independent2102019住宅
9The Austonian2082010住宅
105th & Colorado1932025オフィス、住宅
11Fairmont Austin1812018ホテル
12Block 185 (Google Tower)1802022オフィス
13The Travis180計画中住宅
14360 Condominiums1772008住宅
1544 East1752022住宅
16River Street Residences174計画中住宅
179092 Rainey168計画中ホテル、住宅
18Indeed Tower1652021オフィス
19Frost Bank Tower1572004オフィス
20Hanover Republic Square1572022住宅
21Hanover Brazos Street156計画中住宅
22W Austin Hotel and Residences1462010ホテル、住宅
23Fifth & West Residences1402019住宅
2484 East1392023住宅
25300 Colorado1362021オフィス
26Spring1322009住宅
2714th and Guadalupe131計画中オフィス
28The Northshore1292016住宅
29The Bowie1292015住宅
3070 Rainey1282019住宅
31The Ashton1272009住宅
32JW Marriott Hotel1242015ホテル
33Four Seasons Residences1222010住宅
34One American Center1221984オフィス
35500 West 2nd Street (Google Tower)1222017オフィス
36One Eleven Congress1211987オフィス
37Colorado Tower1212014オフィス
38Austin Proper1212019ホテル、住宅
39Third + Shoal1192019オフィス
40Austin Marriott Downtown1182020ホテル
41Block 150 (12th & San Antonio)117計画中住宅
42Symphony Square116計画中オフィス、住宅
43Hilton Austin Hotel1152004ホテル、住宅
44The Quincy1122021住宅
45Natiivo Austin (48 East)1092021住宅
46405 Colorado1092021オフィス
47The Thompson1082021ホテル
48Alexan Waterloo1072021住宅
49Hyatt Centric Congress Avenue1052022ホテル
50Seaholm Residences1042016住宅
51Windsor on the Lake1032008住宅
52Bank of America Center1021975オフィス
53UT innovation district building1022022オフィス
54The Linden1012020住宅
552026 San Antonio101計画中住宅
56Aloft+Element1002017ホテル
57300 West Sixth1002002オフィス
58100 Congress1001987オフィス
参考San Jacinto Center991987オフィス
参考The Monarch982008住宅
参考JPMorgan Chase Bank Tower981974オフィス
*太字は建設中のビル
*斜字は計画中のビル
Source: DAA
2021年7月のスカイライン

まずは、スカイラインのビュースポットの一つである「ルー・ネフ・ポイント(Lou Neff Point)」から見た景色です。中央に見える一番ノッポなビルが「The Independent」と呼ばれる超高層レジデンスです。その少し右横に見える建設中のビルは「Block 185」でGoogleの新たな拠点となる予定となっています。

奥に見えるビルが密集するエリアには、GoogleやFacebookのオフィスが入居しています。

2021年竣工のビル

上層階にIndeedが入居予定の「Indeed Tower」(165m)は、今年完成するものとしては最も高いビルとなる予定です。

「300 COLORADO」(136m)です。

一番左に見えるのが「The Quincy」(112m)の高層レジデンスです。

「405 Colorado」(109m)です。

2022年竣工予定のビル

現在着工しているものとしては、オースティンで最も高い地上269mの超高層ビルとなる「6 X Guadalupe」の建設現場です。

Googleが入居予定の「Block 185」(180m)です。こちら側から見ると階段上になっていることがわかります。

建設中の「44 East Ave」(175m)です。

「Hanover Republic Square」(157m)です。

「Hyatt Centric Congress Avenue」(105m)です。

最後はボンネル山(Mount Bonnell)から見たオースティンのスカイラインです。数年後にはさらに迫力が増しているはずです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。