2021年5月に設立50周年を迎えたアメリカの旅客鉄道公社「アムトラック(Amtrak)」は、2035年に向けた15年ビジョンを示したコネクトUS(Connects US)を公表しました。コネクトUSには39の新設ルートの開設や25の既存ルートの増発などの計画が含まれており、それらを実行するために今後15年間で総額750億ドル(約8.5兆円)にのぼる連邦政府からの資金援助が必要になるとしています。アムトラックの15年ビジョンとして示されている内容は以下のとおりです。

  • 全米525以上の地域で運行されている列車を維持しつつ、新たに大小160の地域にも列車を運行
  • 人口数上位50位までの都市圏をターゲットにインターシティ列車を運行
  • 米国本土48州のうち47州で旅客列車を運行し、既存の20州で提供されている回廊旅客列車サービス(Corridor Passenger Rail Service)の拡大、新たに16州で回廊旅客列車サービスを開始
  • 39の新設ルートを開設、既存25ルートの運行区間延長、増発、速達化などを実施
  • 半数以上の州で新駅設置を計画
  • サービス拡大および改善によって年間2,000万人(2019年度*)以上の利用者の利便性向上(将来的に現在の2倍の利用者を見込む)
  • 2019年度比*で8億ドル(約900億円)の収益成長を達成

    *アムトラックの年度は9月から始まります。

アムトラックはこれらを達成することで、温室効果ガスの削減、エネルギー効率の向上、経済成長の促進、26,000人規模の正規雇用創出、車離れが進む若者世代の需要獲得、交通事故の削減などに貢献するとしています。

コネクトUS計画
Image: Amtrak

コネクトUSでは、上のマップに示されている39の新設ルートを開設し、既存25ルートについても運行区間延長、増発、速達性向上などを実施することを柱としています。新設ルートの中には、これまでアムトラックの運行が全くなかったアリゾナ州フェニックス(Phoenix)や、ラスベガス(Las Vegas)なども含まれています。また、ジョージア州アトランタ(Atlanta)やテキサス州ヒューストン(Houston)など、アムトラックの運行が深夜や早朝に限られていた都市においても、日中時間帯に近隣都市間を運行するインターシティ列車の新設が計画され、利用者の増加を見込んでいます。

今回は、カリフォルニア州を中心とした西海岸で計画されている増発および新設路線について詳しく見ていきます。

北カリフォルニア
Image: Amtrak

北カリフォルニアでは、既存2列車の運行区間延長および増発、1列車の新設が予定されています。駅の新設は6駅が計画されています。

キャピトル・コリドー(Capitol Corridor)

Image: Jerry Huddleston (CC BY 2.0). Wikimedia Commons

キャピトル・コリドーは、サンノゼ〜オークランド〜サクラメント間(一部オーバーンまで)を運行するインターシティ列車で、アムトラックの運行する列車としては4番目に利用者が多い列車です。コネクトUSでは、以下の通りサンノゼ〜オークランド間などで大幅な増発が予定されています。

運行区間本数
サンノゼ〜オークランド
San Jose – Oakland
7→24往復
オークランド〜サクラメント
Oakland – Sacramento
15→20往復
(オークランド)〜サクラメント〜ローズビル
(Oakland)-Sacramento – Roseville
1→10往復*
(オークランド)〜ローズビル〜オーバーン
(Oakland)- Roseville – Auburn
1→1往復*
*オークランド〜サクラメント間列車の延長運転

サン・ホアキン(San Joaquins)

Image: Surfliner580 (CC BY-SA 4.0). Wikimedia Commons

サン・ホアキンは、オークランドまたはサクラメントからベーカーズフィールドまでの区間を運行する列車です。上述のキャピトル・コリドーに次いでアムトラックで5番目に利用者の多い列車です。2029年にカリフォルニア高速鉄道(California High-Speed Rail: CAHSR)のマーセド〜ベーカーズフィールド間が開通すると、サン・ホアキンはCAHSRの連絡列車となる予定です。なお、サンホアキンには新型車両シーメンス・ベンチャー(Siemens Venture)が49両投入される予定となっています。同形式の車両はフロリダ州のブライトラインで2018年より運行されています。

運行区間本数
サクラメント〜マーセド*
Sacramento – Merced
2→6往復
マーティネズ〜マーセド*
Martinez – Merced
5→5往復
*マーセド〜ベーカーズフィールド(Bakersfield)間はカリフォルニア高速鉄道が開通した後は廃止される予定

セントラル・コースト(Central Coast)

セントラル・コーストは、南カリフォルニアエリアを運行するパシフィック・サーフライナーとベイエリアを運行するキャピトル・コリドーを接続する新設列車となる予定です。1日3往復の運行が計画されています。

運行区間本数
サンルイスオビスポ〜サンノゼ
San Luis Obispo -San Jose
0→3往復
南カリフォルニア
Image: Amtrak

南カリフォルニアでは、パシフィック・サーフライナーの運行区間延長および増発、2列車の新設が計画されています。新駅設置は、南カリフォルニアで5駅、ネバダ州で3駅が計画されています。

パシフィック・サーフライナー(Pacific Surfliner)

Image: Amtrak

パシフィック・サーフライナーは、ニューヨーク近郊の北東回廊(Northeast Corridor: NEC)以外を運行するアムトラックの列車としては、最大の旅客数を誇ります。現状の運行区間は、サンディエゴ〜ロサンゼルス〜ゴリータとなっていますが、コネクトUSの計画ではサンルイスオビスポまで延長運転される予定です。また、既存区間の運行本数も大幅に増発され、サンディエゴ〜ロサンゼルス間では1日33往復の運行が予定されています。

運行区間本数
サンディエゴ〜ロサンゼルス
San Diego – Los Angeles
13→33往復
ロサンゼルス〜ゴリータ
Los Angeles – Goleta
5→17往復
(ロサンゼルス)〜ゴリータ〜サンルイスオビスポ*
(Los Angeles)- Goleta – San Luis Obispo
0→8往復
*ロサンゼルス〜ゴリータ間列車の延長運転

ラスベガス(Las Vegas)

ラスベガスは、現在アムトラックの運行がないラスベガスと、ロサンゼルスを結ぶ新設インターシティ列車です。2往復の設定が計画されていますが、この区間では新たな高速鉄道であるブライトライン・ウェスト(Brightline West)の建設が計画されているので、同列車との役割分担が気になるところです。

運行区間本数
ラスベガス〜ロサンゼルス
Las Vegas – Los Angeles
0→2往復

コーチェラ・バレー(Coachella Valley)

コーチェラ・バレーは、ロサンゼルス〜パームスプリングス〜インディオを結ぶ新設列車です。沿線となるリバーサイド郡運輸委員会(Riverside County Transportation Commission)、カリフォルニア州運輸局(Caltrans)および連邦鉄道局(Federal Railroad Administration: FRA)が同路線の必要性を示している路線です。

運行区間本数
ロサンゼルス〜パームスプリングス〜インディオ
Los Angeles – Palm Springs – Indio
0→4往復
アリゾナ
Image: Amtrak

アリゾナでは、ロサンゼルスとフェニックス近郊を結ぶ新設列車、フェニックスを中心としたアリゾナ州内のインターシティ列車を新設予定です。新駅は、アリゾナ州内で8駅が計画されています。

ロサンゼルス〜フェニックス〜ツーソン(Los Angeles – Phoenix – Tucson

現在アムトラックの運行がないフェニックスを走る列車として計画されている列車の一つです。ロサンゼルス〜フェニックス〜ツーソンを1日1往復する計画です。

運行区間本数
ロサンゼルス〜フェニックス〜ツーソン
Los Angeles – Phoenix – Tucson
0→1往復

ツーソン〜フェニックス〜バックアイ(Tucson – Phoenix – Buckeye

アリゾナ州南東部の都市ツーソンから急成長が続くフェニックスおよびフェニックス都市圏の最西部に位置するバックアイを結ぶ新設列車です。1日3往復の運行が計画されています。

運行区間本数
ツーソン〜フェニックス〜バックアイ
Tucson – Phoenix – Buckeye
0→3往復
パシフィックノースウェスト
Image: Amtrak

パシフィックノースウェストでは、アムトラック・カスケーズの増発が予定されています。また、ポートランド近郊に新駅が1駅計画されています。

アムトラック・カスケーズ(Amtrak Cascades)

Image: SouderBruce (CC BY-SA 4.0). Wikimedia Commons

アムトラック・カスケーズはシアトル〜ポートランドを中心に、北はカナダのバンクーバー、南はオレゴン州のユージーンまでの区間を運行しているインターシティ列車です。コネクトUSでは、シアトル〜ポートランド間の運行を毎時1本にすることを計画しています。なお、バンクーバー〜シアトル〜ポートランド間では高速鉄道も検討されています。現在、カスケーズの車両にはスペインのタルゴ(Talgo)製客車が使用されており、アムトラックの中でもユニークな列車となっています。ただ、カスケーズの車両は2025年以降にシーメンス・ベンチャーへの置き換えが計画されています。

運行区間本数
バンクーバー〜シアトル
Vancouver, BC – Seattle
2→4往復
シアトル〜ポートランド
Seattle – Portland
4→13往復
ポートランド〜ユージーン
Portland – Eugene
2→6往復

Source: Amtrak

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。