2021年5月に設立50周年を迎えたアメリカの旅客鉄道公社「アムトラック(Amtrak)」は、2035年に向けた15年ビジョンを示したコネクトUS(Connects US)を公表しました。コネクトUSには39の新設ルートの開設や25の既存ルートの増発などの計画が含まれており、それらを実行するために今後15年間で総額750億ドル(約8.5兆円)にのぼる連邦政府からの資金援助が必要になるとしています。アムトラックの15年ビジョンとして示されている内容は以下のとおりです。

  • 全米525以上の地域で運行されている列車を維持しつつ、新たに大小160の地域にも列車を運行
  • 人口数上位50位までの都市圏をターゲットにインターシティ列車を運行
  • 米国本土48州のうち47州で旅客列車を運行し、既存の20州で提供されている回廊旅客列車サービス(Corridor Passenger Rail Service)の拡大、新たに16州で回廊旅客列車サービスを開始
  • 39の新設ルートを開設、既存25ルートの運行区間延長、増発、速達化などを実施
  • 半数以上の州で新駅設置を計画
  • サービス拡大および改善によって年間2,000万人(2019年度*)以上の利用者の利便性向上(将来的に現在の2倍の利用者を見込む)
  • 2019年度比*で8億ドル(約900億円)の収益成長を達成

    *アムトラックの年度は9月から始まります。

アムトラックはこれらを達成することで、温室効果ガスの削減、エネルギー効率の向上、経済成長の促進、26,000人規模の正規雇用創出、車離れが進む若者世代の需要獲得、交通事故の削減などに貢献するとしています。

コネクトUS計画
Image: Amtrak

コネクトUSでは、上のマップに示されている39の新設ルートを開設し、既存25ルートについても運行区間延長、増発、速達性向上などを実施することを柱としています。新設ルートの中には、これまでアムトラックの運行が全くなかったアリゾナ州フェニックス(Phoenix)や、ラスベガス(Las Vegas)なども含まれています。また、ジョージア州アトランタ(Atlanta)やテキサス州ヒューストン(Houston)など、アムトラックの運行が深夜や早朝に限られていた都市においても、日中時間帯に近隣都市間を運行するインターシティ列車の新設が計画され、利用者の増加を見込んでいます。

Image: Amtrak

今回は、イリノイ州を中心としたアムトラックが中西部回廊(Midwestern Corridor)と位置づけるネットワーク(通称アムトラック・ミッドウェスト)のうち、ウィスコンシン州、ミネソタ州、イリノイ州における増発、運行区間延長および新設路線について見ていきます。

ウィスコンシン・ミネソタ(ハイワサ・サービス)
Image: David Wilson (CC BY-SA 2.0). Wikimedia Commons

ハイワサHiawatha

Image: Amtrak

ハイワサは、シカゴ〜ミルウォーキー間を運行するインターシティ列車で、アムトラック・ミッドウェストで運行されているインターシティ列車の中では最大の旅客数を誇ります。現在、同区間は1日7往復の設定となっていますが、コネクトUSでは3往復の増発が計画され1日10往復体制となる予定です。

運行区間本数所要時間
シカゴ〜ミルウォーキー
Chicago – Milwaukee
7→10往復1時間30分

ハイワサ・マディソン延伸(Madison Hiawatha Extension)

Image: Amtrak

ハイワサは、ウィスコンシン州の州都で同州第2の都市マディソン(Madison)まで運転区間が延長される予定です。1日10往復に増発されるシカゴ〜ミルウォーキー間列車のうち、4往復がマディソンまで延長運転される計画です。なお、延長区間であるミルウォーキー〜マディソン間には、マディソンを含む3駅が新設される予定です。

運行区間本数所要時間
(シカゴ)〜ミルウォーキー〜マディソン
(Chicago)- Milwaukee – Madison
0→4往復*1時間48分**
*ハイワサ(シカゴ〜ミルウォーキー間)の延長運転
**ミルウォーキー〜マディソン間の所要時間

ハイワサ・グリーンベイ延伸Green Bay Hiawatha Extension

上記のマディソン延長運転の他にウィスコンシン州第3の都市グリーンベイ(Green Bay)まで向かうハイワサも新設される予定です。同区間にはシカゴからのハイワサ3往復が延長運転される予定で、ミルウォーキー〜グリーンベイ間には、グリーンベイ駅を含む4駅が新設される予定です。

運行区間本数所要時間
(シカゴ)〜ミルウォーキー〜グリーンベイ
(Chicago)- Milwaukee – Green Bay
0→3往復*2時間50分**
*ハイワサ(シカゴ〜ミルウォーキー間)の延長運転
**ミルウォーキー〜グリーンベイ間の所要時間

TCMC(Twin Cities-Milwaukee-Chicago)

TCMCは、ミネアポリス・セントポール(St. Paul/Minneapolis)〜ミルウォーキー〜シカゴ間を結ぶインターシティ列車プロジェクトの名称です。現在この区間にはシカゴ〜シアトル・ポートランド間を結ぶ長距離列車「エンパイア・ビルダー(Empire Builder)」が1日1往復走るのみとなっています。コネクトUSでは、マディソンまで延長運転される4往復のハイワサのうち、3往復がミネアポリス・セントポール(St. Paul/Minneapolis)まで延長される計画です。また、延長される3往復のうち2往復はオークレア(Eau Claire)経由での運行となり、残りの1往復はエンパイア・ビルダーと同様のラクロス(La Crosse)経由となります。

運行区間本数所要時間
(シカゴ)〜ミルウォーキー〜マディソン〜(ラクロスまたはオークレア経由)〜ミネアポリス・セントポール
(Chicago)- Milwaukee – Madison – (via La Crosse or Eau Claire) – St. Paul/Minneapolis
0→3往復*6時間45分**
(シカゴ)〜ミルウォーキー〜ラクロス〜ミネアポリス・セントポール
(Chicago)- Milwaukee – La Crosse – St. Paul/Minneapolis
1→1往復***6時間11分**
*ハイワサ(シカゴ〜マディソン間)の延長運転
**ミルウォーキー〜ミネアポリス・セントポール間の所要時間
***シカゴ〜シアトル/ポートランドを結ぶエンパイア・ビルダー(Empire Builder)
ミネソタ

ノーザン・ライツ・エクスプレス(Northern Lights Express: NLE)

ノーザン・ライツ・エクスプレスは、ミネアポリスからミネソタ州第4の都市ダルース(Duluth)を結ぶ新設のインターシティ列車です。このルートはミネソタ州運輸局(Minnesota Department of Transportation)によって計画されているもので、ミネアポリス、ダルース、スペリオルなど6駅が設置される予定です。

運行区間本数所要時間
ミネアポリス〜スペリオル〜ダルース
Minneapolis – Superior – Duluth
0→4往復2時間35分
イリノイ
Image: David Wilson (CC BY-SA 2.0). Wikimedia Commons

リンカーン(Lincoln

Image: Amtrak

リンカーンは、イリノイ州運輸省(Illinois Department of Transportation: IDOT)からの補助金によって運行されるイリノイ・サービス(Illinois Service)の一つで、シカゴとミズーリ州のセントルイス(St. Louis)を結ぶインターシティ列車です。現在1日4往復が設定されています。リンカーンの増発は予定されていませんが、最高運転速度を時速110マイル(約177km/h)へ引き上げることによる所要時間短縮が予定されています。

運行区間本数所要時間
シカゴ〜セントルイス
Chicago – St. Louis
5→5往復*5時間30分

4時間30分
(シカゴ)〜セントルイス〜カンザスシティ
(Chicago) – St. Louis – Kansas City
0→1往復**
*1往復はシカゴ〜サンアントニオ間のテキサス・イーグル(Texas Eagle)
**セントルイス〜カンザスシティ間はミズーリ・リバー・ランナー(Missouri River Runner)と併結

クァッド・シティーズ(Quad Cities

Image: Amtrak

クァッド・シティーズは、シカゴ〜アイオワシティを結ぶ新設インターシティ列車です。これまで、アムトラックの運行がなかったイリノイ州モリーン(Moline)、アイオワ州アイオワシティ(Iowa City)を含む4駅が新設される予定です。

運行区間本数所要時間
シカゴ〜モリーン〜アイオワシティ
Chicago – Moline – Iowa City
0→2往復2時間57分*
*シカゴ〜モリーン間の所要時間

ロックフォード(Rockford

Image: Amtrak

ロックフォードは、シカゴ〜ロックフォードを結ぶ新設インターシティ列車です。これまで、アムトラックの運行がなかったイリノイ州北部の都市ロックフォードを含む5駅が新設される予定です。

運行区間本数所要時間
シカゴ〜ロックフォード
Chicago – Rockford
0→2往復1時間51分

イリニ・サルキ(Illini/Saluki

Image: Amtrak

イリニ・サルキは、イリノイ州運輸省(Illinois Department of Transportation: IDOT)からの補助金によって運行されるイリノイ・サービス(Illinois Service)の一つで、シカゴとイリノイ州南部の都市シャンペーンおよびカーボンデールを結ぶインターシティ列車です。コネクトUSでは、シカゴ〜シャンペーン間で1往復増発されるほか、シャンペーン〜カーボンデール間の所要時間短縮が計画されています。

運行区間本数所要時間
シカゴ〜シャンペーン
Chicago – Champaign
3→4往復*2時間8分
シカゴ〜シャンペーン〜カーボンデール
Chicago – Champaign – Carbondale
3→3往復*5時間30分

4時間58分
*1往復はシカゴ〜ニューオーリンズ間のシティ・オブ・ニューオーリンズ(City of New Orleans)
シーメンス・ベンチャー車両の導入
ミシガン州で試運転中のベンチャー客車
Image: MichiganDOT

アムトラック・ミッドウェストでは、2023年までに88両の新型客車「シーメンス・ベンチャー(Siemens Venture)」車両の導入が予定されています。一部は既に納入済みで、すでに試運転が実施されています。この新型客車はイリノイ州が中心となり近隣州のミシガン州、ウィスコンシン州、ミズーリ州などとともに共同購入されたもので、アムトラックが運行・メンテナンスなどを行います。なお、編成はコーチクラス(普通車)、ビジネスクラスおよびカフェ車両で構成される予定です。

チャージャー(SC-44)に牽引されるベンチャー客車
Image: MichiganDOT

新型客車は、2017年よりアムトラック・ミッドウェストに導入されている最高時速125マイル(約201km/h)に対応した新型電気式ディーゼル機関車「シーメンス・チャージャー(Siemens Charger: SC-44)」によって牽引されます。ちなみに、デビューは高速化が予定されているシカゴ〜セントルイス間のリンカーン・サービスからとなる予定で、その後、アムトラック・ミッドウェストの他の列車にも運用範囲を拡大していく予定です。


新型車両の試運転の様子
Video: MichiganDOT

Source: Amtrak, IDOT

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。