12月13日、ニューヨーク州のキャシー・ホークル(Kathy Hochul)知事は、パンデミックの影響で着工が遅れていたジョン・F・ケネディ国際空港(John F. Kennedy International Airport: JFK Airport)の新ターミナル・ワンの建設工事について、2022年半ばに着工すると発表しました。新ターミナルビルは、延床面積約22万3,000平方メートル、建設費は95億ドル(約1兆800億円)で、完成するとJFK空港最大のターミナルビルとなります。建設工事は数段階に分けて実施され、出発・到着エリアや一部のゲートを含む第1フェーズの完成は2026年ごろ、全体の完成は2030年ごろを予定しています。

現在、日系の航空会社でターミナル・ワンを使用しているのは日本航空となっています(全日空はターミナル6を使用)。そのほか、スターアライアンスのルフトハンザ、オーストリア航空、トルコ航空、エバー航空、中国国際航空、スカイチームのエールフランス、アエロフロート、大韓航空、中国東方航空など合計20のエアラインが同ターミナルを使用しています。

JFK空港リニューアル計画概要についてはこちらから。

新たに公開された新ターミナル・ワンのイメージ
Image: NY State

JFK空港最大の規模となる新ターミナル・ワンの全体イメージです。新たに23のゲートが設置される予定です。

Image: NY State

新ターミナルビル内部は、自然光が多く降り注ぐ設計となっていて非常に解放感あふれる空間デザインとなています。

Image: NY State

出発エリアも天井から自然光が降り注ぐ設計です。タッチレスでの搭乗手続きなどを徹底するほか、デジタル技術を駆使して人の流れをスムーズにするシステムなども導入される予定です。

Image: NY State

搭乗エリアにはニューヨークを感じさせるレストランやブランドショップなども入居し、ニューヨークらしさを強調する予定です。

Image: NY State

ターミナルビル内の緑化も積極的に実施されます。

Image: NY State

こちらはバゲージクレームです。イメージにはニューヨークのシンボルの一つである「イエローキャブ(Yellow Cab)」が描かれていますが、この他にもニューヨークのシンボルをモチーフとした様々なアート作品が設置されるようです。

Source: NY State

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。