アムトラックは、パンデミック以降長期運休となっている「カスケーズ(Cascades)」のバンクーバー〜シアトル間において、今年2月ごろ、同区間の春頃再開を目指して乗務員訓練などを実施していると同社Facebookページで報じていました。しかし、13日付けのシアトルタイムズなどの報道によると、アムトラックの乗務員や整備士の不足が主な原因として、再開時期を今年末ごろまで延期するようです。カスケーズのシアトル〜バンクーバー間は、同列車の運行区間の中でも海岸線を走る人気の区間で、夏の観光シーズンを目前に控える中、早期の運行再開が期待されていました。

カスケーズのシアトル〜バンクーバー間は海岸沿いをとおる区間が多くダイナミックな車窓が楽しめる

なお、カスケーズの運行をバックアップするワシントン州およびオレゴン州の運輸局は、パンデミック前のスケジュールでの運行再開に必要な乗務員が確保されるまでの間、週数本程度からでも再開できないかアムトラックに要請しているとのことですが、果たしてどうなるでしょうか。いずれにせよ、シアトル〜バンクーバー間の美しい海岸沿いの景色を楽しめるようになるまでには、まだ時間がかかりそうです。

Source: Amtrak CascadesSeattle Times

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。