日立製作所のグループ会社である日立レール(Hitachi Rail)は7日、ミラノ市交通公社(Azienda Trasporti Milanesi: ATM)からミラノ地下鉄1号線、2号線、3号線向けに、最大46編成(276両)の地下鉄車両を、最大3億6,800万ユーロ(約534億円)で納入する包括契約を締結したと発表しました。新型車両は2024年春から1号線で順次営業を開始する予定で、同線には合計126両(6両21本)が導入されます。なお、1号線向けに導入される21編成の契約金額は1億6,800万ユーロ(約244億円)となります。ミラノ市交通公社では、最新技術の導入による持続可能な公共交通システムの実現に向けた大型投資計画を進めており、今回の新型車両導入もその一環として進められるものです。

1号線向けの新型車両イメージ
Image: Hitachi Rail

新型車両では、既存車両よりも走行音を抑えて走行することで静かな車内空間の提供が可能となるほか、バリアフリー対応設備の充実、リアルタイムで監視カメラの映像を指令室へ伝送することによって車内の安全性向上もはかられます。さらに、車体外装に落書き対策が施されるほか、リサイクル性の高い素材を使用することで脱炭素化と持続可能なモビリティの実現にも貢献する予定です。

Source: 日立レール

※1ユーロ=145円で計算

新型車両の運行区間
Image: ATM

新型車両は、ミラノ地下鉄で最も古い路線である1号線(M1: レッド)で2024年春から運行が開始される予定で、その後、2号線(M2: グリーン)、3号線(M1: イエロー)にも導入される予定です。なお、2013年に開業した5号線(M5: パープル)については、車両規格の異なる路線のため今回の新型車両導入の対象にはなっていません。

3号線向けの新型車両イメージ
Image: Hitachi Rail
ミラノ地下鉄新型車両の概要
運行者ミラノ市交通公社(Azienda Trasporti Milanesi: ATM)
製造者日立レール
導入編成21編成(126両)※最大46編成(276両)
車両番号
定員
営業開始(予定)2024年春〜
運行路線1号線(M1)、2号線(M2)、3号線(M3)
運行区間全区間
営業最高速度90km/h
制御方式

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。