アムトラック、長距離列車の新型車両調達に向けた準備を開始!

アムトラック(Amtrak)は19日、車内から絶景を楽しめることで知られるカリフォルニア・ゼファー(California Zephyr)やエンパイア・ビルダー(Empire Builder)など、14路線を運行している長距離列車の車両更新を進めるため、車両調達に向けた準備作業を開始したと発表しました。同社は今年4月に公表された「2022〜2027年の5ヶ年計画(Five-Year Plans)」において、老朽化が進む長距離列車向けの車両を2020年代後半から順次新型車両に置き換える方針を示しており、現在、長距離列車用車両として保有している合計744両(リース車両含む)の車両のうち、2014〜2021年にかけて増備されたビューライナー2(Viewliner II)130両を除く全ての車両が更新対象となる予定です。

アムトラック、2020年代後半から長距離列車に新型車両を導入!

アムトラック(Amtrak)は、今年4月に公表された「2022〜2027年の5ヶ年計画(Five-Year Plans)」において、老朽化が進む長距離列車向けの車両を順次新型車両に置き換える予定であることを明らかにしました。新型車両への置き換えは、2020年代後半から2030年前半にかけて実施される予定で、現在同社が保有する合計744両(リース車両含む)の長距離列車用車両のうち、2014〜2021年にかけて増備されたビューライナー2(Viewliner II)130両を除く全ての車両が対象となります。なお、新型車両が既存車両と同じ2階建て車両として導入されるかなど、詳細についてはまだ決まっておらず、今年度から開始される市場調査や各長距離列車の特性などを踏まえた上で決定される予定です。

アムトラック、 大陸横断列車向けの新型電気式ディーゼル機関車がデビュー

アムトラック(Amtrak)は、大陸横断列車サービスの近代化を進めるため、2018年12月にシーメンス(Siemens Mobility, Inc.)製の新型電気式ディーゼル機関車「チャージャー(Charger: ALC-42形)」を75両導入すると発表しました。その新型機関車が今月8日、シカゴからシアトルに向けて出発したエンパイア・ビルダー(Empire Builder)号にて正式デビューしました。なお、記念すべき一番列車には、アムトラック50周年を記念した初代アムトラック塗装を纏った301号車と、現在のリバリー(Livery)と呼ばれる第6世代塗装(Phase VI paint scheme)の302号車が充当されました。