アトランタ・シャーロット間で検討されている高速鉄道整備構想とは?

アメリカ南東部最大の経済規模を有するジョージア州アトランタ(Atlanta)とノースカロライナ州最大の都市シャーロット(Charlotte)を結ぶエリアは、米国運輸省によって南東高速鉄道回廊として指定されており、2008年ごろから高速鉄道の整備に関する検討が実施されています。同区間では、これまでに実現可能性調査(Feasibility Study)と初期段階の環境レビュー(Tier 1 EIS)が完了しており、2021年6月にTier 1 EISの評価書(FEIS)および決定記録(ROD)が公表されました。同評価書では、アトランタ・シャーロット間は、最高速度200〜350km/hで走行可能な高速鉄道専用線として整備することが望ましいと結論づけられており、現在は、プロジェクトレベルの環境アセスメント(Tier 2 EIS)の実施に必要な資金を確保できるかが焦点になっています。

アメリカ南東部の都市間鉄道高速化プロジェクト(ローリー〜シャーロット編)

ノースカロライナ州第二の都市ローリー(Raleigh)と同州最大の都市シャーロット(Charlotte)の間は、アメリカ合衆国運輸省によって「南東高速鉄道回廊(Southeast High Speed Rail Corridor: SEHSR)」に指定されている区間となっています。これまでに同区間では、複線化工事や路線改良などを中心とした「ピードモント改良プログラム(Piedmont Improvement Program: PIP)」が実施され、同事業の整備が完了した2018年以降は、アムトラックの都市間列車「ピードモント(Piedmont)」が増発され、所要時間も短縮されました。同区間では今後、ワシントンD.C.からローリーまでの区間で進められているSEHSRの整備に合わせて、段階的に輸送力増強や高速化などが実施される予定となっています。

将来の高速鉄道化を見据えたアメリカ南東部で進む都市間鉄道プロジェクト(概要編)

全米第8位(2021年時点)の都市圏人口を抱えるアトランタ都市圏をはじめとして、今後も大幅な人口増加が見込まれるアメリカ南東部では、「南東回廊(Southeast Corridor)」と呼ばれる高速鉄道(高速陸上交通)整備構想が進められています。南東回廊の地域特性として、車中心の都市開発が進められてきたことで都市間鉄道がほぼ消滅してしまっていること、一定の需要が見込まれるアトランタ〜マイアミ、アトランタ〜ワシントンD.C.といった大都市圏同士の都市間距離が東京〜福岡間とほぼ同じ900km程度あるため、高速鉄道の利点を最大限に発揮できないことがあげられます。そのため南東回廊の整備にあたっては、まずワシントンD.C.、アトランタ、マイアミ都市圏における都市間鉄道ネットワークを強化することからスタートし、最終的に広域ネットワークを構築することを目指してプロジェクトが進められています。

急成長が続くシャーロットで建設中の「ゲートウェイステーション」とは?

アメリカ南部ノースカロライナ州最大の都市シャーロット(Charlotte)は、人口約90万の都市でありながら全米第二の金融センターとしても有名な都市です。近年はエネルギー産業やIT産業の集積もすすみ、程よい都会でありながら、生活費も他のアメリカの大都市ほど高騰していないなどの理由から急成長が続いている都市となっています。またパンデミック以降は、ニューヨーク都市圏などからの人口流入が加速していることで、この傾向はさらに顕著になっています。そんなシャーロットでは、今後も予想される人口増加に対応するため、ライトレール路線の整備などをはじめとする様々な公共交通整備プロジェクトが進行中です。

リンクス、シーメンスS70形電車

シャーロット地域交通システム(Charlotte Area Transit System: CATS)が運行するライトレール路線、リンクス・ブルーライン(LYNX Blue Line)は2007年から運行を開始した比較的新しい鉄道路線です。近年、金融都市として急速な発展を遂げてきたノースカロライナ州シャーロット市において、悪化する交通渋滞への対策の一つとして重要な役割を果たしています。リンクス・ブルーラインでは、開業と同時に導入されたシーメンス(Siemens)S70形車両が使用されています。ちなみにS70形車両は、アメリカの多くの都市で導入されているライトレール車両となっており、様々なバリエーションが存在します。