アメリカ先住民ナバホ族の聖地、モニュメントバレー

モニュメント・バレー(Monument Valley)は、ユタ州南部とアリゾナ州北部に広がるエリアに位置しています。西部劇や、フォレスト・ガンプ(Forrest Gump)など数々の有名なハリウッド映画にも登場するので、一度は目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、アメリカンインディアンのナバホ族の聖地であるモニュメントバレーを紹介します。

マップ
モニュメントバレーの概要

モニュメントバレーは、正式にはモニュメントバレー・ナバホ・トライバル・パーク(Monument Valley Navajo Tribal Park)と呼ばれています。アメリカ先住民族(Native American)のナバホ族の聖地として知られる準自治領「ナバホ・ネイション(Navajo Nation)」内にあり、公園の管理・運営はアメリカ合衆国の国立公園とは異なり、ナバホ・ネイション部族協議会(Navajo Nation Tribal Council)によって行われています。モニュメントバレーは標高約1,700mの高さに位置しており、夏季の最高気温は30度以上まで上がりますが、日が沈むと20度以下まで下がります。冬季は最低気温が氷点下になるので、観光のベストシーズンは春から秋にかけてとなります。

USハイウェイ163号線・シーニックバイウェイ 

モニュメントバレーの入口付近にある町、アリゾナ州カエンタ(Kayenta)から始まるUSハイウェイ163号線(US Route 163)は、シーニックバイウェイ(Scenic Byway)となっています。

モニュメントバレーが近づいてくると、アリゾナ州との境界線に設置してあるユタ州の大きなサインが目に入ります。

反対側にはアリゾナ州のサインがあります。ユタ州と比べて少しインパクトが小さいです。

163号線には、映画フォレスト・ガンプの1シーンで出てくる有名な景色を見ることができる撮影ポイントがあります。その名も「フォレスト・ガンプ・ポイント(Forrest Gump Point)」 で、たくさんの観光客が写真を撮るために訪れるスポットとなっています。

ビジターセンターからの眺め

モニュメントバレーの有名な赤色砂岩の孤立丘は、ビュート(Butte)と呼ばれます。気の遠くなるような長い年月をかけて、硬い層の周りの柔らかい層が侵食されてできたこの大地のモニュメントには、それぞれ名前が付けられています。写真左から、ウェストミトンビュート(West Mitten Butte)、イーストミトンビュート(East Mitten Butte)、メリックビュート(Merrick Butte)と呼ばれています。

有名なグランドキャニオンも遠い未来にはこのような風景になっているのかもしれません。

17マイル・ループロード

モニュメントバレーをさらに間近で体験するには、舗装されていないオフロードをドライブする必要があります。ビジターセンターから「17マイル・ループロード(The 17 mile loop road)」へアクセスすることができます。舗装されていない砂利道ですが、小型車以外の普通乗用車でもドライブすることができます。

左側に見えるのはエレファント・ビュート(Elephant Butte)、右側に見えるのはキャメル・ビュート(Camel Butte)と呼ばれています。

こちらはスリー・シスターズ(Three Sisters)と呼ばれています。

遠くに見えるのは細長い岩はトーテム・ポール(Totem Pole)で、その左横に群らがる細長い岩はエイ・ビ・チャイ(Yei be Chei)です。

さらにオフロードを進んでいくと、アーティスト・ポイント(Artist’s Point)に辿り着きます。ここからは、広大な大地を見渡すことができます。

キャメル・ビュートを反対側から見るとこのような形で見ることができます。

親指の形をしている「The Thumb」です。

ザ・ビューホテル

モニュメントバレーを堪能するためには、公園内にある唯一のホテル「ザ・ビューホテル(The View Hotel)」に泊まるのがおすすめです。ただし、世界中からの観光客を魅了するモニュメントバレーを一望できるとあって、非常に人気があるホテルです。そのため、かなり早めの予約が必要になります。

ホテルのロビーに入ると、ナバホ族の民族工芸品が出迎えてくれます。

客室はダブルルームが基本となっています。

全ての部屋からモニュメントバレーの景色を堪能できるようになっています。ちなみに、最上階およびロビーから遠い部屋ほど値段が高くなっています。

こちらは、ビューホテルの部屋から撮影した日の出の様子です。

日の出が近づくに連れて、徐々に空の色が変わってきます。

空がオレンジ色になってくると日の出も間近です。

日の出の瞬間と同時に一気に空が明るくなります。

鉄道アクセス

残念ながらモニュメントバレーの近くには鉄道駅はありません。鉄道を利用する場合、ロサンゼルスまたはシカゴから、アムトラックの「サウスウェスト・チーフ(Southwest Chief)号」を利用し、フラッグスタッフ(Flagstaff)でレンタカーを借りる方法があります。フラッグスタッフからモニュメントバレーまでは車で3時間半ほどかかりますが、日本では見ることのできないアリゾナの赤色の大地を見ながらのドライブなので、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

サウスウェスト・シェフ号の運行ルート
Image: Amtrak

ロサンゼルス行のスケジュール

主要停車駅到着時刻発車時刻運行日
シカゴ
(Chicago)
14:50月・木・土
カンザスシティー
(Kansas City)
22:0022:42月・木・土
アルバカーキ
(Albuquerque)
15:2916:19火・金・日
フラッグスタッフ
(Flagstaff)
20:3220:38火・金・日
ロサンゼルス
(Los Angeles)
08:00月・水・土
Source: Amtrak

シカゴ行のスケジュール

主要停車駅到着時刻発車時刻運行日
ロサンゼルス
(Los Angeles)
18:00火・木・土
フラッグスタッフ
(Flagstaff)
04:1904:25水・金・日
アルバカーキ
(Albuquerque)
11:2011:48水・金・日
カンザスシティー
(Kansas City)
06:5307:28月・木・土
シカゴ
(Chicago)
14:50月・木・土
Source: Amtrak
«
»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。