アイルランド国鉄(Irish Rail)は、今後10年間で最大750両の導入を予定している「ダブリン高速輸送(Dublin Area Rapid Transit: DART)」向けの次世代通勤車両について、フランスのアルストム(Alstom)を製造者に決定したと発表しました。次世代通勤車両は、まず初期車として5両編成の電車6本、5両編成の蓄電池電車13本の合計95両が2024年までに導入される予定です。その後、価格を抑えた量産車が登場する予定となっています。また、この契約には納車時から15年間のアルストムによるサポートなども含まれます。

エクステリア
Image: Alstom

次世代通勤車両はアルストムのX’TrapolisシリーズをDARTの規格に対応させたものとなります。先頭部分は全面グリーンの流線型に流行りのLEDヘッドライトが採用され、なかなかインパクトのあるデザインとなっています。側面は白を基調としてドア部分はグレー、窓周りはブラックに塗り分けられておりスマートな印象です。

インテリア

車内もグリーンを基調としたデザインとなっています。座席はクロスシートが基本となっており、一部はボックスシートとなっています。

車内案内表示装置は、横長のディスプレイが採用されるようです。また、車両間の通り抜けもできるようになっています。

ベビーカーなどを置くファミリースペースでしょうか。なお、充電用設備はスマートフォン用だけでなく、電動スクーターや電動自転車の充電にも対応したものも設置される予定です。

もちろん車椅子スペースも設置されています。

車両紹介ビデオ

Video: Alstom
DART+プログラム
Image: DART

今回導入される次世代通勤車両は、DARTの鉄道ネットワークを現在の総延長50kmから150kmに拡張するDART+プログラム(DART+ Programme)の一環として導入されるものとなります。DART+プログラムでは、ダブリン都市圏の鉄道の輸送力増強、信頼性向上などを行うことで、都市圏内の移動手段としての鉄道の役割を高めると同時に、気候変動などの社会問題に対応することを目標としています。そのため、消費電力の少ない新型電車および蓄電池電車の導入は、気候変動対策として重要な役割を果たすことになります。

Source: Alstom, DART

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。