ノルウェー国鉄(Vygruppen AS: Vy、旧NSB)の車両を保有・管理する「Norske tog AS※」は、主にオスロ近郊で使用される新型通勤電車30両をアルストム(Alstom)に発注したと発表しました。新型車両は、スウェーデンで15年以上の運行実績があるコラディア・ノルディック(Coradia Nordic)をベースとした車両となり、同社が保有する車齢40年以上の通勤車両が置き換えられることなります。なお、この契約には170両のオプション契約も含まれており、オプション契約も含めた契約金額は最大で42億ノルウェー・クローネ(約542億円)となります。

新型車両は2023年に製造開始され、2024年から試験走行を開始、2025年にエストフォル線(Østfold Line)から営業運転を開始する予定です。全車両が導入されると200両が揃うことになり、ノルウェー国鉄の新しい顔として活躍することになります。

エクステリア
Image: Norske tog

ダークグレーを基調としたカラーリングが渋くてカッコいいデザインです。窓周りはブラック、ドアの周りにはオレンジ色のアクセントカラーが入っています。

Image: Norske tog

先頭部分はスピード感のある流線型デザインとなっています。

Image: Norske tog

新型車両は6両1編成で定員778人(着席定員294人)となり、置き換えられる旧型車両と比較して定員が4割増となります。

Image: Norske tog

この新型車両がノルウェーの雪景色を走る姿を想像するだけでワクワクしますね。

インテリア
Image: Norske tog

車内は北欧らしい白を基調に木目調のアクセントが入った洗練されたデザインとなっています。

Image: Norske tog

車両中央は低床部分となっており車椅子スペースが設置されています。そのため、通常床下に設置されている機器類が屋根に設置されています。また、ラッシュ時に対応するためクロスシートの座面は折りたたみ式となっています。

Source: Norske tog

※Norske Tog ACはノルウェー運輸・通信省(Norwegian Ministry of Transport and Communications)が100%出資する会社で、ノルウェー国鉄は同社から車両をリースする形で運行しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。