2021年5月に設立50周年を迎えたアメリカの旅客鉄道公社「アムトラック(Amtrak)」は、2035年に向けた15年ビジョンを示したコネクトUS(Connects US)を公表しました。コネクトUSには39の新設ルートの開設や25の既存ルートの増発などの計画が含まれており、それらを実行するために今後15年間で総額750億ドル(約8.5兆円)にのぼる連邦政府からの資金援助が必要になるとしています。アムトラックの15年ビジョンとして示されている内容は以下のとおりです。

  • 全米525以上の地域で運行されている列車を維持しつつ、新たに大小160の地域にも列車を運行
  • 人口数上位50位までの都市圏をターゲットにインターシティ列車を運行
  • 米国本土48州のうち47州で旅客列車を運行し、既存の20州で提供されている回廊旅客列車サービス(Corridor Passenger Rail Service)の拡大、新たに16州で回廊旅客列車サービスを開始
  • 39の新設ルートを開設、既存25ルートの運行区間延長、増発、速達化などを実施
  • 半数以上の州で新駅設置を計画
  • サービス拡大および改善によって年間2,000万人(2019年度*)以上の利用者の利便性向上(将来的に現在の2倍の利用者を見込む)
  • 2019年度比*で8億ドル(約900億円)の収益成長を達成

    *アムトラックの年度は9月から始まります。

アムトラックはこれらを達成することで、温室効果ガスの削減、エネルギー効率の向上、経済成長の促進、26,000人規模の正規雇用創出、車離れが進む若者世代の需要獲得、交通事故の削減などに貢献するとしています。

コネクトUS計画
Image: Amtrak

コネクトUSでは、上のマップに示されている39の新設ルートを開設し、既存25ルートについても運行区間延長、増発、速達性向上などを実施することを柱としています。新設ルートの中には、これまでアムトラックの運行が全くなかったアリゾナ州フェニックス(Phoenix)や、ラスベガス(Las Vegas)なども含まれています。また、ジョージア州アトランタ(Atlanta)やテキサス州ヒューストン(Houston)など、アムトラックの運行が深夜や早朝に限られていた都市においても、日中時間帯に近隣都市間を運行するインターシティ列車の新設が計画され、利用者の増加を見込んでいます。

Image: Amtrak

今回は、アムトラックが南東回廊(Southeastern Corridor)と位置づけるネットワークのうち、北東回廊(Northeast Corridor)との結びつきが強い、バージニア州およびノースカロライナ州における増発、運行区間延長および新設路線について見ていきます。

バージニア(ノースイーストリージョナル)

現在、主にボストン〜ニューヨーク〜ワシントンD.C.間を運行する北東回廊のインターシティ列車「ノースイースト・リージョナル(Northeat Regional)」は、一部列車がバージニア・サービス(Virginia Service)として、リッチモンド、ノーフォーク、ニューポートニューズ、ロアノークなどの都市まで延長運転を実施しています。コネクトUSでは、これらの列車の増発および運行区間延長を計画しています。

バージニアまで乗り入れるノースイーストリージョナル
Image: John (CC BY-SA 2.0). Wikimedia Commons

ニュー・リバー・バレー(New River Valley)

Image: Amtrak

バージニア州中央部に位置する都市ロアノーク(Roanoke)へは、ニューヨークからのノースイーストリージョナルが1往復運転されています。コネクトUSでは、同列車を1日2往復に増発し、さらに運行区間をニュー・リバー・バレーの都市クリスチャンズバーグ (Christiansburg)まで延長する計画です。なお、クリスチャンズバーグは、バージニア工科大学があるブラックスバーグ(Blacksburg)から車で10分ほどの距離にあります。

運行区間本数所要時間
ニューヨーク〜ワシントンD.C.〜ロアノーク
New York – Washington D.C. – Roanoke
1→2往復9時間20分
(ニューヨーク)〜ロアノーク〜クリスチャンズバーグ 
(New York) – Roanoke – Christiansburg
0→2往復*5時間49分**
*ニューヨーク〜ロアノーク間列車の延長運転
**ワシントンD.C.〜クリスチャンズバーグ間の所要時間

リッチモンド・ノーフォーク・ニューポートニューズ(Richmond/Norfolk/Newport News)

Image: Amtrak

現在、バージニア州の州都リッチモンドの中心駅「リッチモンド・メイン・ストリート(Richmond Main Street)」駅へは、ボストンまたはニューヨークからのノースイーストリージョナルが3往復運行されています。またこれらの列車のうち、2往復はニューポートニューズ(Newport News)まで運行されています。なお、これとは別にボストンからノーフォーク(Norfolk)へ向かうノースイーストリージョナルも2往復運行されていますが、この列車はリッチモンドの中心部から離れた「リッチモンド・ステイプルズ・ミル(Richmond Staples Mill)」駅から分岐するため、リッチモンド・メイン・ストリート駅にはとまりません。

コネクトUSでは、リッチモンド・メイン・ストリート駅まで運行するノースイーストリージョナルを5往復に増発し、そのうち3往復をニューポートニューズまで運行します。また、リッチモンド・ステイプルズ・ミル駅からノーフォークへ向かう列車も、2往復から3往復に増発されます。

運行区間本数所要時間
ボストン/ニューヨーク〜ワシントンD.C.〜リッチモンドMS
Boston/New York – Washington D.C. – Richmond Main Street
3→5往復2時間52分**
(ボストン/ニューヨーク)〜リッチモンドMS 〜ニューポートニューズ
(Boston/New York) – Richmond Main Street – Newport News
2→3往復*4時間13分**
ボストン/ニューヨーク〜ワシントンD.C.〜ノーフォーク
Boston/New York – Washington D.C. – Norfolk
2→3往復4時間41分**
*ボストン〜リッチモンド・メイン・ストリート間列車の延長運転
**ワシントンD.C.からの所要時間
ノースカロライナ
ノースカロライナ州交通局と共同で運行されるピードモント
Image: John (CC BY-SA 2.0). Wikimedia Commons

カロリニアン・ピードモント(Carolinian and Piedmont)

Image: Amtrak

カロリニアンはニューヨークとノースカロライナ州ローリー(Raleigh)およびシャーロット(Charlotte)を結ぶ列車で、1日1往復が運行されています。またカロリニアンを補完する列車として、シャーロット〜ローリー間のみを運行するピードモントが1日3往復運行されています。コネクトUSでは、両列車の増発が計画されています。これらの列車は、北東回廊に位置する都市と南東回廊に位置する都市を接続する列車として重要な役割を果たすことになります。

運行区間本数所要時間
ニューヨーク〜ワシントンD.C.〜シャーロット
New York – Washington D.C. – Charlotte
1→2往復以上5時間52分*
ローリー〜シャーロット
Raleigh – Charlotte
3→4往復以上3時間12分
*ワシントンD.C.〜シャーロット間の所要時間

ウェスタンNC(Western NC)

Image: Amtrak

ウェスタンNCは、グレート・スモーキー山脈国立公園(Great Smoky Mountains National Park)にもほど近いアシュビル(Asheville)と前述のカロリニアン・ピードモントと接続が可能なソールズベリーを結ぶ新設インターシティ列車です。アシュビルはこれまでアムトラックの運行がなかった都市の一つで、アシュビルの他に6駅が新設される予定です。

運行区間本数所要時間
アシュビル〜ソールズベリー
Asheville – Salisbury
0→1往復以上*3時間45分
*ソールズベリーでカロリニアン・ピードモントに接続

サウスイーストNC(Southeast NC)

Image: Amtrak

サウスイースタンNCは、ローリーとノースカロライナ州南部の港湾都市ウィルミントンを結ぶ新設インターシティ列車で、ローリーでカロリニアン・ピードモントと接続します。ウィルミントンもこれまでアムトラックの運行がなかった都市の一つで、ウィルミントンの他に4駅が新設される予定です。

運行区間本数所要時間
ローリー〜ウィルミントン
Raleigh – Wilmington
0→1往復以上*2時間48分
*ローリーでカロリニアン・ピードモントに接続
シーメンス・ベンチャー車両の導入
Image: Siemens

ノースイーストリージョナルやカロリニアンには、2024年以降に「シーメンス・ベンチャー(Siemens Venture)」車両の導入が予定されています。これにより、アムトラックの発足以来使用されている車齢40〜50年のアムフリート(Amfleet)が置き換えられる予定です。

Source: Amtrak

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。