LAメトロは22日、建設中の新ライトレール路線「Kライン(旧名称: クレンショー・LAXライン)」のうち、エキスポ・クレンショー(Expo/Crenshaw)駅からウェストチェスター・ベテランズ(Westchester/Veterans)駅までの区間を、10月7日(金曜日)正午に開業すると発表しました。Kラインは、Eラインのエキスポ・クレンショー(Expo/Crenshaw)駅からイングルウッド(Inglewood)を経由して、Cラインのアビエーション・LAX(Aviation/LAX)駅までを結ぶ全長約14kmの路線として2014年に着工されました。なお、ウェストチェスター・ベテランズ駅からアビエーション・LAX駅までの区間については、2023年秋頃の開業が予定されています。

Source: LA Metro

Kラインの路線図

Kラインには以下の合計9駅が建設されていますが、10月7日に開業する駅は7駅となり、残り2駅は来年以降に開業する予定です。

・エキスポ・クレンショー(Expo/Crenshaw)
・マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(Martin Luther King Jr.)
・レイマートパーク(Leimert Park)
・ハイドパーク(Hyde Park)
・フェアビューハイツ(Fairview Heights)
・ダウンタウン・イングルウッド(Downtown Inglewood)
・ウェストチェスター・ベテランズ(Westchester Veterans)
・LAX・メトロトランジットセンター(LAX/Metro Transit Center)※2024年後半開業予定
・LAX・センチュリー(LAX/Century)※2023年秋開業予定

Image: LA Metro

また、2023年秋に予定されているCラインのLAX・アビエーション(LAX/Aviation)駅への乗り入れが開始されるまでは、同駅とウェストチェスター・ベテランズ駅を結ぶシャトルバスが運行される予定です。

2024年後半にはLAX自動運転シャトルとも連絡

現在、ロサンゼルス国際空港では、2023年の開通を目指して各ターミナルとレンタカー施設などを結ぶ自動運転シャトル(LAX Automated People Mover)を建設中ですが、2024年後半には同シャトルとKラインの連絡駅となるLAX・メトロトランジットセンター(LAX/Metro Transit Center)駅が開業する予定です。これにより、LAXにとって長年の悲願である鉄道アクセスの整備が完了することになります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。