2019年にフランス国鉄(SNCF)は、次世代の中長距離旅客車両(Automotrices Moyenne et Longue Distance: AMLD)の製造先として、スペインの鉄道車両メーカー「コンストルクシオネス・イ・アウクシリアル・デ・フェロカリレス(Construcciones y Auxiliar de Ferrocarriles,S.A.: CAF)」を選定しました。この車両には、制御装置や主電動機などの電機品に三菱電機製が採用されており、SNCF向けの新型車両としては日本メーカー初の導入事例となります。

屋根上走行風自冷式推進制御装置の実機
Image: 三菱電機

また、三菱電機プレスリリースによると、車両の屋根に搭載する走行風自冷式の制御装置および車載用変圧器が新造される車両に採用されるのは世界初となります。AMLDは合計28編成(280両)が発注済みで、オプション契約として最大75編成の追加発注も予定されています。これらの新型車両の導入により、1975年以降に製造されたコライユ(Corail)と呼ばれる客車型の車両が置き換えられる予定です。

AMLDとはどんな車両?
導入路線
Image: SNCF

AMLDは、中距離路線のパリ・クレルモン=フェラン線(Paris – Clermont-Ferrand Line) 、長距離路線のパリ・リモージュ・トゥールーズ線(Paris-Limoges-Toulouse Line)を中心に運行が予定されています。

エクステリア
Image: SNCF

2019年に公開されたエクステリアデザインのイメージは、SNCFのコーポレートカラーに合わせたカラーリングが採用されています。

Image: SNCF

最高時速200kmに対応した流線型のエレガントな先頭デザインが目を引きます。

Image: SNCF

ホームの高さが低いヨーロッパで多く見られる低床型電車で、出入口はフラットとなります。

インテリア
Image: SNCF

1st Classの座席は2列+1列です。大型テーブルや座席背面に設置されたLED照明など、まるでミニオフィスのような空間です。

Image: SNCF

1st Classのコンパートメント部分です。

Image: SNCF

2nd Classの座席は2列+2列配置です。

Image: SNCF

デッキ部分です。車内WiFi、USB充電ポート、監視カメラ、車内情報案内ディスプレイなど、最近の最新車両の設備は全て揃っています。

Image: SNCF

一部にはバイクラックも設置されます。

Source: 三菱電機SNCFCAF

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。