アムトラックの利用者数トップ10(2021年度版)

アムトラック(Amtrak)は8日、2021年度(2020年10月〜2021年9月)の利用状況などを取りまとめた予算概算要求のための年次報告書を公開しました(General and Legislative Annual Report)。2021年度のアムトラック利用者はパンデミック前の2019年度と比較してほぼ全ての列車で半数以下となっており、依然として厳しい状況が続いています。以下、2021年度のアムトラック利用者数トップ10を、駅、州、列車ごとにまとめました。

Source: Amtrak

乗降客数トップ10の駅
2021年1月に開業しニューヨークペンステーションのイメージを一新したモイニハントレインホール

アムトラックの乗降客数が多い駅断トツ1位はニューヨークのペンステーション(モイニハントレインホール)で、およそ400万人が利用しました。また、2位、3位についても北東回廊の主要駅であるワシントンD.C.ユニオンステーション、フィラデルフィア30thストリートステーションと続いており、アメリカで最も鉄道網が発達している北東部の駅が上位を占める結果となりました。しかしながら、これらの駅でもパンデミック前と比較した乗降客数は3〜4割程度となっており、依然として厳しい状況が続いています。

順位
(FY2021)
順位
(FY2019)
駅名乗降者数
(FY2021)
乗降者数
(FY2019)
回復率
(FY2019比)
1位1位ニューヨーク
Penn Station
4,061,37910,811,32338%
2位2位ワシントンD.C.
Union Station
1,758,4095,207,22334%
3位3位フィラデルフィア
30th Street Station
1,500,0434,503,05533%
4位4位シカゴ
Union Station
1,336,5253,331,51340%
5位5位ボストン
South Station
679,3331,585,21643%
6位6位ロサンゼルス
Union Station
466,4171,413,00633%
7位8位ボルチモア
Penn Station
446,9141,043,54243%
8位9位オールバニ・レンセリア
Albany–Rensselaer
379,209806,96047%
9位10位ニューヘイブン
Union Station
347,544778,53445%
10位14位ボストン
Back Bay
322,928720,14745%
最下位サンダーソン(テキサス)
Sanderson
15322568%
アムトラックの年度(FY)は10月から開始
Source: FY 2023 Grant Request, State Fact Sheets
利用者数トップ10の州
カリフォルニア州を代表する列車「パシフィックサーフライナー」
Image: Mds08011 (CC BY-SA 4.0). Wikimedia Commons

アムトラックの利用者が多い州1位はアメリカ最大の都市ニューヨークを抱えるニューヨーク州でした。2位はアメリカ最大の人口を有するカリフォルニア州で、鉄道利用は北東部と比較して一般的でないものの、ロサンゼルス、サンフランシスコ・ベイエリア、サンディエゴなどに比較的利用者の多い駅が点在しているため、州全体の利用者としては存在感を示しているようです。しかし、利用者の多い州でもパンデミック前と比較して3〜4割程度の利用にとどまっています。

順位
(FY2021)
順位
(FY2019)
州名利用者数
(FY2021)
利用者数
(FY2019)
回復率
(FY2019比)
1位1位ニューヨーク5,220,52113,023,21240%
2位2位カリフォルニア3,527,36811,456,54331%
3位3位ペンシルバニア2,130,0376,659,82132%
4位5位イリノイ1,942,9984,722,85341%
5位4位コロンビア特別区1,758,4095,207,22334%
6位6位マサチューセッツ1,395,2033,460,07940%
7位10位バージニア908,0751,542,81359%
8位7位メリーランド831,1492,031,97541%
9位8位コネチカット788,6211,829,77043%
10位9位ニュージャージー596,7961,752,36934%
最下位アイダホ3,59412,11630%
アムトラックの年度(FY)は10月から開始
Source: FY 2023 Grant Request, State Fact Sheets
利用者数トップ10の列車
パンデミックの影響を受けつつもアムトラックの利用者数断トツ1位を誇るノースイーストリージョナル
Image: John H Gray (CC BY-SA 2.0). Wikimedia Commons

利用者の多い列車1〜3位はパンデミック前と同じ結果となりました。利用者が圧倒的に多いのは北東回廊のノースイーストリージョナルで、次にビジネス客が激減しながらも2位を誇示したアセラとなっています。3位は、ロサンゼルスとサンディエゴなどを結ぶパシフィックサーフライナーで、こちらもパンデミック前と同じ順位を維持しています。利用者の回復が特に遅れているアセラは、2023年の新型車両投入による復活を期待したいところです。

順位
(FY2021)
順位
(FY2019)
列車名利用者数
(FY2021)
利用者数
(FY2019)
回復率
(FY2019比)
1位1位ノースイースト・リージョナル3,508,7668,940,74539%
2位2位アセラ897,6393,577,45525%
3位3位パシフィック・サーフライナー840,9622,776,65430%
4位6位エンパイア・サービス*613,1711,214,20650%
5位7位サン・ホアキン434,0991,071,19041%
6位5位キーストーン394,2791,575,95925%
7位4位キャピトル・コリドー354,3731,777,13620%
8位10位リンカーン・サービス261,160627,59942%
9位12位エンパイア・サービス**245,079390,35563%
10位8位ハイアワサ241,639882,18927%
最下位イーサン・アレン12,45650,51525%
アムトラックの年度(FY)は10月から開始
*ニューヨーク〜アルバニー間
**ニューヨーク〜ナイアガラフォールズ間
Source: FY 2023 Grant Request, FY 2021 Grant Request
収支率トップ10の列車
2021年度に唯一収支率が100%を上回ったオートトレイン
Image: Amtrak

2021年度にアムトラックの列車で収支率100%を上回ったのはオートトレインのみという結果になりました。オートトレインは、ワシントンD.C.近郊から南部フロリダ州までを運行する列車です。カーフェリーのように自家用車を列車に積み込むことで長距離を運転せずに移動できるため、パンデミック以降、アメリカ南部へ移住または旅行する人が増えたことと関連性がありそうです。そのほかの列車は、全て収支率100%以下となっており、特にノースイーストリージョナルやアセラの落ち込みが際立つ結果となりました。

順位
(FY2021)
順位
(FY2019)
列車名収支率*
(FY2021)
収支率*
(FY2019)
1位9位オート・トレイン101%92%
2位13位バーモンター73%69%
3位3位バージニアサービス・ロアノーク71%139%
3位5位バージニアサービス・ノーフォーク71%111%
5位12位エンパイア・サービス**64%77%
6位7位カロリニアン63%94%
6位4位バージニアサービス・ニューポート63%117%
8位2位ノースイースト・リージョナル55%150%
9位36位イリニ・サルーキ49%44%
10位11位パルメット48%79%
14位1位アセラ45%202%
最下位サンセット・リミテッド17%28%
最下位バレー・フライヤー17%50%
アムトラックの年度(FY)は10月から開始
*州からの補助金を受けている列車は補助金を差し引いた収支率を表示
**アルバニー〜ナイアガラフォールズ間
Source: FY 2023 Grant Request, FY 2021 Grant Request
«
»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。