ニューヨーク地下鉄の駅改良プロジェクト(86 Street駅編)

エイスアベニュー線(IND Eighth Avenue Line)86 Street駅は、マンハッタンのアッパー・ウエスト・サイドエリアに位置しており、B・Cトレインが停車する駅です。同駅はセントラルパークの中間辺りに位置しており、駅周辺は重厚な造りのアパートなどが多く建ち並び落ち着いた雰囲気のエリアとなっています。86 Street駅は、ニューヨーク州交通局(Metropolitan Transit Authority: MTA)が進める駅改良プロジェクト(Enhanced Station Initiative: ESI)の対象駅となり、2018年10月にリニューアル工事が完成しました。今回は、86 Street駅のリニューアルについてフォトレポします。

マップ
エントランス

出入口には新たにディスプレイが設置されましたがガラス仕切りなどは採用されていません。

階段の手摺りはLED照明が組み込まれている新タイプに取り替えられています。

LED照明の採用で明るくなった階段付近。タイルや床材等は特に更新されていないようです。

コンコース

情報提供ディスプレイが設置されたコンコース付近です。

LED照明と情報提供ディスプレイが設置されたことでシャープな印象に生まれ変わりました。

券売機は一台のみ設置されています。

クレジットカードによるタッチ決済が能なOMNYに対応した改札機が設置されています。

改札内側から撮影。この辺りはガラス仕切りとLEDスポットライト照明の採用で、モダンなイメージに生まれ変わりました。

ホーム

プラットホームの様子。86ストリート駅は地下2階構造になっていて地下1階がブロンクス(Bronx)方面、地下2階がダウンタウン(Downtown)、ブルックリン(Brooklyn)方面となっています。

更新されたプラットホームの照明と点字ブロック。LED照明によって照度が増したため、防犯対策にも役立ちそうです。

ニューヨーク地下鉄の特徴的なモザイクの駅名標の下には、新しい簡易ベンチが設置されています。

ディスプレイの横にはUSB充電ポートが設置されています。

他のESI対象駅と同様に、新しい木製ベンチが設置されました。

駅名標とディスプレイです。

アートワークも設置されています。

ブルックリン方面の地下2階ホームに向かう階段です。

LEDスポットライト照明ですシャープな印象になりました。

Source: MTA, ARUP

«
»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。